1

癖になるジャンクさ! 千葉県小見川で愛されるつゆだくカレー焼きそば

2017年10月13日 10時30分 (2017年10月15日 10時13分 更新)

「カレー焼きそば」というメニュー名から、みなさんはどんな焼きそばをイメージしますか? カレーパウダーで風味づけしたカレー味の焼きそば? あるいはカレールーを掛けたソース焼きそばでしょうか?

しかし、そのどちらとも異なるつゆだくなカレー焼きそばが、千葉県香取市の小見川という地域にあるんです。汁麺そのもののビジュアルは、「焼きそばとは何ぞ」とまるで問いかけているかのよう。

今回はその小見川のつゆだくカレー焼きそばから、代表的な3軒をご紹介します。

1.さかえ食堂 - 「さかえ食堂系」の元祖! 自家製麺が自慢の老舗ラーメン店

小見川のつゆだくカレー焼きそばは、「さかえ食堂系」と「一心堂系」の2系統に分類されます。その1つ、「さかえ食堂系」の元祖が、さかえ食堂という老舗のラーメン屋さんです。

カレー焼きそばのベースとなる焼きそば自体はソース味ですが、調理の最後にスープを足して、カレー粉で味を調えるのがこちらのスタイル。そのため深皿の底はつゆだく状態に!

盛り付けの仕上げにカレー粉をトッピングするのも、この地域の特徴です。自家製の細麺に酸味勝ちのソース。さらに魚介系スープとカレー風味で、かなりパンチの効いた味わいなんですよ。

紹介しているブログはこちら!
http://yakitan.info/archives/sakae-shokudo

紹介しているお店はこちら!

2.華連 - 魚肉ソーセージに追いカレー粉!? ジャンクな味わいが魅力の一皿

続いては県道28号沿いにある華連さん。小奇麗な雰囲気の町中華屋で、小見川カレー焼きそばのもう一つの系統、「一心堂系」に分類されるお店です。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    調理法が以外に難しい、単にカレーをかけても焼きそばの味がカレーに負けてしまう。だまされたと思って一度食べてみてください、美味しいです。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品