サンダルくらい快適な海を感じるスニーカーで秋から冬へのシフトチェンジ

2017年10月13日 16時00分 (2017年10月17日 17時46分 更新)

年を重ねるうち、休日にさえ革靴に手が伸びるようになってきた。とはいえ、かつてはその身を捧げるように夢中になったスニーカー愛。そう簡単に冷めるなんてことはない。好みのデザインを見つけては胸を躍らせ、手に入れるたびにまた欲しくなる。そんな人たちへ捧げる「オーシャンズ」なスニーカー。履くだけで得られる、サーフテイストや清潔感、そしてリラックス感。色、柄、素材、デザイン。あらゆる目線で見つけた今季の最新作。


UGG アグ

1万3000円/デッカーズジャパン 0120-710-844

ウォッシュ加工を施した真っ赤なアッパーから、キャンバス地の白がうっすら顔を出す。その様は、さながら潮風に晒されてきたかのよう。絶妙なフェイドカラーに、軽量なEVAソールも相まってリラックス感満点だ。


BENSIMON ベンシモン

5800円/ルック ブティック事業部 03-3794-9139

フランス発のキャンバススニーカーは、ボテっとしたユルいフォルムがクセになる。色褪せたコバルトブルーの色彩も実に優しい印象だが、その見た目に反しベースは軍用のトレーニングシューズといたって硬派。


BILLY’S × GRAVIS ビリーズ × グラビス

7800円/ビリーズ エンター 03-5466-2432

エクストリームスポーツがバックグラウンドにある同ブランドの「クレイモア」。その人気作を太畝のコーデュロイで刷新。どうやら古着をイメージしたデザインとか。レトロサーフな顔つきに思わず納得。


MÖBUS モーブス

8900円/ヒーローインターナショナル 078-252-3439

言わずと知れたドイツの老舗が、「ヨーロピアンリゾート」のテーマのもとスリッポンを製作。生地に使用したのは日本生産の高品質なコットンキャンバスだ。

注目の商品