「特定規模電気事業者(PPS)」あらため「新電力」に名称変更[片桐 明]

2012年4月3日 00時00分 (2012年4月7日 05時30分 更新)
 本日(3日)の日経朝刊 第3面 「きょうのことば」に「新電力」として取り上げ、説明されております。

 記事では枝野経産相が名称変更したとありました。

 経産相がいつ正式にどのように名称変更したのかにつきましては記載がなかったので、特定しようと試みましたが見つかりませんでした。

 ただ、1面トップに「電力小口市場を新設」にも「新電力」という言葉が使われておりましたので、昨日(2日)かも知れません。

 枝野経産相は3月6日の経産省 電力システム改革専門委員会で「PPSと言われても何を意味するか分からないのが国民的には圧倒的多数だ」「耳で聞いてすぐに分かるようにしたい」と名称変更の意向を述べました。

 私(代表 片桐)も賛成です。

 経済産業省資源エネルギー庁資料「電力小売市場の自由化について」(3月)の表紙には、「※これまで「PPS」として表示していました電力小売事業における新規参入者については、今回より「新電力」の呼称を使用して参ります。」と明記されております。

 参照:

 「電力小売市場の自由化について」 http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/genjo/seido.pdf

 資源エネルギー庁 「新電力連絡先一覧表」 http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/genjo/pps/pps_list.html

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品