0

ガラス張りのお風呂って恥ずかしくない? その実際のところとは?

2013年11月6日 17時55分 (2013年11月13日 08時10分 更新)

「旦那さんのトイレ姿もお風呂姿も見ていたい」。これは、元アナウンサー・青木裕子さんの発言で、「ナインティナインのオールナイトニッポン」のムック本に収録されていたもの。

矢部&青木夫婦のラブラブぶりが判明し、大きな話題となった発言だが、このようにお熱い二人なら、トイレだってお風呂だってオープンな空間にしてもいいだろう。しかし、トイレやお風呂はプライベートな空間。家族とはいえ、見られたくない人だってきっといるはずだ。

そう考えると気になってくるのが、最近のお風呂事情だ。近ごろ、ガラス張りの“丸見え”お風呂が増えているという。洗面所と浴室をガラス仕切りにする、浴室にガラスの窓をつける…。方法はいくつかあるようで、新築やリフォームの際に、このような仕様にする家族が増えているようだ。これって矢部&青木夫婦のようなラブラブカップルのため? そんな疑問を解消すべく、ガラス張りのお風呂を提供している株式会社LIXIL広報部・河合さんに話を聞いてみた。

そもそもガラス張りのお風呂はどのような意図があるのだろうか?

「ガラス張りお風呂の一番のメリットは、閉塞感がなくなること。お風呂場の狭さを気にされている方が、関心を持たれるケースが多いですね。また、窓がなく暗くなりがちな浴室の印象を、明るくしたい方にも選ばれています。一人暮らしの場合は人目を気にする必要がないので、抵抗感なく導入されていますよ」

なるほど、開放感と明るさが魅力のようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品