0

品川プリンス・レジデンスの「カスタマイズモデルルーム」がオープン

2014年2月14日 08時00分 (2014年2月14日 15時10分 更新)

品川プリンスホテルの敷地内にあるハイクラス賃貸「品川プリンス・レジデンス」。昨年末、こちらを訪問し、その手厚いサービスの数々にひたすら感嘆&羨慕する記事を書かせてもらいました。
※参照:「ホテルのサービスを毎日享受。「品川プリンスホテル」に賃貸住宅があった

さて、その中でも概略をお伝えしましたが、このレジデンスでは今年から「カスタマイズ」という新たな試みを始動させる模様。住む人自身が部屋の内装デザインにかかわるという同プロジェクト。具体的には新規契約者が、壁紙、床材などを自由にセレクトし、自分好みの部屋にリノベーションできるというもので、このクラスの高級賃貸ではおそらく日本初と思われる試みです。(※費用は入居者負担)

このほど、春のサービス開始を前に「カスタマイズのイメージを具現化したモデルルーム」が完成したとの一報が。さっそく拝見してきましたよ。

「夏水組」プロデュースのモデルルームが完成

今回モデルルームとしてオープンするのは、約100㎡、2LDK、メゾネットタイプのお部屋。もともとは全面にわたり白いクロスが張られたシンプルな内装でしたが、3つある居室のすべてに印象的なデザインクロスを張り、それに合わせてインテリアを刷新。さらに、床やキッチンにもひと工夫凝らすなどさまざまなカスタマイズが施されています。

ブルーをキーカラーにまとめられた空間は、大人のパリっ子が暮らすアパルトマンといった風情。それも、単にヨーロッパの様式を模しただけのものでなく、長い年月、じっさいにそこに人の営みがあったような感覚すら覚える、見事な仕上がりでした。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品