0

オリックス電力、インターホン活用の電力使用量見える化サービス開始

2014年4月26日 09時46分 (2014年4月28日 15時10分 更新)

オリックス電力株式会社(本社:東京都港区)は、このたび、MEMS(マンション・エネルギー・マネジメント・システム)の新機能として、インターホンを活用した電力使用量の見える化サービスを開始すると発表した。

同社は、割安な高圧電力を電力会社から一括受電し、マンション向けに低圧に変圧し配電することで電気利用料金を削減する「電力一括購入サービス」を提供している。2013年4月には、経済産業省が推進するスマートマンション導入加速化推進事業に係るMEMSアグリゲータの採択を受け、同年9月以降に電力一括購入サービスを導入した全てのマンションを対象に無償でスマートメーターを設置し、エネルギー使用の効率化と無理のない節電を図るサービス「EneVista」を提供。

今回開始する「EneVista」の新機能は、これまで同社の会員専用サイトで提供していた顧客の電力使用状況や気象情報を、ウェブブラウザ機能付きインターホン上で表示するサービス。これにより、各家庭の30分毎の電力使用量をより気軽に確認できるようになり、節電行動を支援する。

マンション管理組合の共用設備であるインターホンは、長期修繕計画において通常10~15年程度の周期で入れ替えることが想定されている。電力の見える化に対応したインターホン設備は、現在導入費用の1/3相当額が経済産業省の補助金給付の対象となっており、管理組合にとって対象機器を採用することで導入費用の支出を抑えながらスマートマンション化を進めることが可能になる。

■ニュースリンク先
http://www.orix.co.jp/grp/news/2014/140423_ORIXJ.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品