「領収書ください」は逆に怪しい? 領収書とレシートの使い分け方

2016年1月17日 12時15分 (2016年1月22日 12時11分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
■領収書の「宛名」に意味はあるのか
会社の経費計算でレシートを提出したら、経理から「領収書じゃないとダメ」と言われたことのある人もいるだろう。しかし税法上、領収書とレシートは区別されていない。法的に違いがないのに、なぜレシートではなく領収書を求める会社があるのか。
領収書とレシートの最大の違いといえば、宛名の有無だろう。税理士の山田真哉氏は次のように指摘する。
「会社が領収書やレシートを提出させる理由の1つは、社員の不正請求を防ぎ、無駄な費用を減らすため。その点でいうと、わざわざ宛名を書かなければいけない領収書は、社員にとって精神的な抑止力になりえます」
たとえば明らかにファミリーで食事しているのに、領収書をもらうときお店に自社名を告げるのは躊躇するもの。宛名のないレシートでは、こうした抑止力が働きにくい。
ただ、これはあくまで「精神的な」抑止力でしかない。領収書を求められた店の側は、それが明らかに会社の費用ではないと感じても、客に言われるまま宛名を書くからだ。
しかし、最近はレジの進化により、新たな「抑止力」が現れている。
「昔の数字だけが羅列されていた時代と違い、最近のレシートは利用人数や日時、品名まで印字されます。宛名はなくても、事細かに情報が明らかにされているほうが不正請求しにくい。いまはレシートのほうが抑止力は高いはずです」(山田税理士)
細かな情報が印字されているレシートは、税務署対策にもなる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品