0

「認識ないが実感」とメーカー 「チープカシオ」人気に涼しい顔

2016年10月8日 11時00分 (2016年10月9日 11時04分 更新)

カシオ計算機が海外向けに販売している廉価版の腕時計が、日本の若者らの間で「チープカシオ」という愛称で呼ばれブームになっている。国内ではほぼ正規流通はしておらず、家電量販店などの小売店が独自のルートで「逆輸入」し、数百円から数千円程度の値段で販売。こうした「気軽な」価格設定に、国産メーカーならではの高い品質と「レトロ」なデザインが相まって、若者の心をつかんだ。

「広告や宣伝を一切していないのに」

「チープカシオ」という愛称は、若者らの間で自然発生的に生まれたものだ。カシオの広報担当者も「どこまでがチープカシオにあたるのか、その定義はこちらでも把握しておりません」とJ-CASTニュースの取材に話す。その上で、

「『G-SHOCK』などのブランドを冠していない製品のうち一部のものが『チープカシオ』と呼ばれているようです」

と説明する。イメージとしては、「量販店などでケースごとフックにかけられ、『ジャラジャ』と陳列されている時計を想像してください」。

画像共有サイト「インスタグラム」には、チープカシオの写真が2万枚以上投稿されているほか、商品を紹介・解説する専門サイトも複数みつかる。ツイッターなどにも、

「シンプルでコスパ最強 レトロ調のデザインがまた良い 垢抜けてんなぁ」
「かわいいかっこいい シンプルすぎて惚れる のに安い」
「チープカシオ欲しいから明日の午後ホームセンターとか探してまわろ」

など、チープカシオ愛を語る投稿が無数に出ている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品