0

給付型奨学金、高校成績「4」以上が条件 実施に向け問題点は無いのか?

2016年11月3日 15時00分 (2016年11月11日 08時47分 更新)
給付型奨学金の案を自民党が検討 高校成績「4」以上などが条件に

自民党は、奨学金問題を念頭にふまえ「給付型奨学金」の案を検討しています。
自民党のプロジェクトチームがまとめた中間報告案では、「生活保護世帯など住民税非課税世帯」「高校時の成績が5段階評定で4以上」を条件として挙げているようです。
無利子奨学金が今年8月に「必要とするすべての子ども達が受給できるよう」にと、今までの「3.5以上の評定」という成績基準を撤廃したばかりですが、給付型においては「4以上の評定」という成績基準を設定することにしたようです。

高校時の成績評定と学校間格差との調整が実施に向け問題に

返還義務のある奨学金と返還義務のない奨学金の間で受給資格に差をつけるのは当然のことだと考えられますが、条件に掲げている「高校時の成績評定」に関しては現在の学校教育現場における学校間格差をどのように調整するのか、公平性を期す為の新たな指針の作成も必要になるのではないでしょうか。
受給資格の基準に相対的基準でしか測れない指標を持ち込むのは感心できませんが、奨学金の本来の目的を考えると個人の努力差・能力差を指標にすることは仕方のないこと事だと思われます。

ただ冒頭にも記しましたが、「高校時の成績評定」が「高校での成績」になるのであれば評価される側ではなく評価する側に普遍性・一般性がないのも問題です。
つまり、生徒の在籍学校により、各生徒の成績評価がなされるので、国公立大学を目指す生徒が集まっている高校とそうでない高校、公立高校と私立高校、単位制高校では、同じ成績評定でも学力にかなりの能力差があることは否定できません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品