0

まだまだ恋しい“あったか~い鍋”。自宅でつくれる世界の鍋料理3選

2017年3月10日 07時30分 (2017年3月25日 15時10分 更新)

だんだんと春めく今日このごろですが、まだまだ恋しい“あったか~い鍋”。とはいえ、定番の鍋料理には、そろそろ飽きるころではないでしょうか。そんなときは、簡単かつ“異国情緒を味わえる鍋”なんていかが? 書籍『世界の鍋 いつもと違うごちそうレシピ厳選29』の著者・服部直美さんに、日本の土鍋やホーロー鍋でつくれる、服部さんおすすめの鍋レシピを聞いてみました。

エスニックな香りが食欲をそそる、タイの「チムチュム」

タイでよく知られる鍋のうち、東北地域の郷土料理として親しまれている「チムチュム」は、服部さんも家でよくつくるお気に入りなんだとか。

「野菜と肉をたっぷり使うチムチュムは、『バイマックルー(こぶみかんの葉)』や、『バイホラパー(タイバジル)』などでエスニックな香りと一緒に楽しむ鍋です。こうしたタイならではの食材は、アジアンスーパーやネットでも購入できます。本場では素焼きの鍋を炭火で熱しますが、土鍋で代用してもOKです」(服部さん、以下同)

<材料/4人前>
【具材】
空芯菜…1束
白菜…1/4カット
チンゲン菜…1束
牛肉…200g
鶏肉…200g
春雨…50g

【スープ】
鶏がらスープ またはコンソメスープ…1200ccの水に溶かす
カー(タイのしょうが。日本のしょうがでも代用可能)…スライス2枚から3枚
レモングラス …5㎝
塩…少々
バイマックルー(こぶみかんの葉)…2枚から3枚
バイホラパー(タイバジル)…2枚から3枚

【タレ】
乾燥させたタマリンド(タイのフルーツ)もしくはレモン …適量
プリックポン(タイの唐辛子)…小さじ1
バイマックルー …2枚から3枚
ナンプラー …中さじ1
砂糖…少々

【画像1】スープに使うバイマックルーやレモングラスといったタイハーブ(左下)は、タイ料理に欠かせない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品