0

移住者400人! 過疎化寸前だった街が今、若者を呼び込むワケとは?

2017年3月16日 07時40分 (2017年4月6日 07時10分 更新)

東京都心から電車で1時間ちょっと、神奈川県北西部に位置する「藤野」地区。山深い一帯は、いつしか「芸術のまち」としてその名を知られるようになった。地方の過疎化が進む昨今にあって、藤野には毎年、さまざまなアーティストが移住してきているという。彼らは何に魅せられ、この場所へやってくるのか? そもそも「芸術のまち」とは、どんな街なのか? 自治体や移住者に取材した。

素朴な里山風景の中に、アート作品が点在

ひと駅先は山梨県という、県境近くに位置する「藤野駅」。北に陣馬山(じんばさん)、少し歩くと雄大な相模湖を望み、山の傾斜には茶畑が広がる。素朴で美しい、里山ならではの風景に心が和む。

そんな藤野一帯では、およそ30年前から「芸術のまち」を掲げ、アートを軸とした地域活性化の取り組みをスタート。それ自体はよくある地域おこしだが、藤野がすごいのはそれが一過性の企画に終わらず、現在に至るまで続き、さらに移住者が増え続けている点だ。

まずはその取り組みの背景について、藤野観光協会の佐藤さんに聞いた。

「藤野はもともと芸術家とゆかりの深い土地。戦時中に疎開してきた画家たちが豊かな自然環境を気に入り、創作活動の拠点として多くの作品を残しました。しかし、その後、少子高齢化や人口流出により過疎化が懸念されるようになり、地域活性化を目的として1986年にスタートしたのが『藤野ふるさと芸術村構想』です。この時から街をあげてのアートイベントなどが行われるようになり、それが現在まで続いています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品