7

『水戸黄門』の復活が、あまりよろしくない理由

2017年3月21日 08時00分 (2017年3月22日 10時20分 更新)

ドラマ『水戸黄門』が6年ぶりに復活する

[拡大写真]

 先日、TBSが同局で42年続いているドラマ『水戸黄門』を6年ぶりに復活すると発表した。6代目となるご老公は、武田鉄矢さんで、2017年10月からBS-TBSで放送するのだという。

 今回、ご老公たちが旅する舞台は東北ということで、被災地の伝統芸能や工芸品、郷土料理も積極的に取り上げるらしい。そういう意味では、復興支援的な側面もあるというのは喜ばしいことだと思う。ただ、その一方で、これまでのようなノリの『水戸黄門』が延々と続いていくのはまずいと思っている。

 日本社会にまん延する「謝罪至上主義」ともいうべき病が悪化してしまうかもしれないからだ。は? なにワケのわかんないこと言ってんのと思う人も多いだろうが、「謝罪」と『水戸黄門』との関係の深さを知ってもらうためには、日本特有の謝罪文化を理解していただく必要がある。

 この国に世界的にかなり珍しい独特の謝罪文化があることは、いまさら説明の必要はないだろう。なにかやらかした企業の経営陣は、必ずといっていいほどカメラの前でズラリと並んで頭を下げることを求められる。最近では、芸能人も不倫や事故を起こすと、スーツ姿やベッキーのように清楚な装いで深々と頭を下げなくては、世間から糾弾される。

 社会のいたるところでも、「謝罪」が氾濫している。コンビニで迷惑行為を注意された客が逆ギレして店長を土下座させたことなど典型だが、SNSでも現実社会でもなにかとつけて「謝罪しろ」と迫ってくる人が増えている。

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    一々難しく考えないで、スカッと悪代官をこらしめて下され。

    6
  • 匿名さん 通報

    トンデモをもっともらしく引用しながら長々と垂れ流したトンデモ論調。デフォルトの設定は変える必要なし。 主に視聴する層のことを慮るべき。キャスティングなどやや不安はあるものの、久々の復活に期待します。

    3
  • 匿名さん 通報

    ノウガキばかりダラダラと・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ てめえは見るのか見ないのか?だけだろ?

    1
  • 匿名さん 通報

    訳知り顔で語っているようで、実はびっくりするほど中身がない記事。 そうやってなんでも日本を否定したがる人間は、もっと世界を広く深く知って、外から日本を観てみるといいよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    小さい権力者を大きい権力者がいじるだけの話し。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品