男女の差なく、挑戦を受け入れる「A2 Healthcare」の風土

2017年3月22日 15時00分 (2017年3月25日 14時46分 更新)

製薬会社から臨床開発業務等を請負うCRO業界においてリーディングカンパニーとして注目を浴びている「エイツーヘルスケア(以下、A2 Healthcare)」。CROとは「Contract Research Organization(医薬品開発業務受託機関)」の略です。製薬会社は新しい薬を開発するときにその有効性や安全性を確認するために全国のさまざまな病院に治験の実施を依頼し、その結果を適切に収集するのですが、その製薬会社の役割である業務を受託するのが仕事です。この業務は臨床開発業務とも言われています。


今回は、臨床開発の仕事の中の一つであるモニタリング業務のプロジェクトリーダーとして活躍するI.H.さんとY.N.さんに仕事のやりがいや楽しさを伺いました。

■社員の約6割が女性、女性管理職も多い会社
I.H.さん

I.H. 2004年にA2 Healthcareの前身である株式会社ACRONETに中途入社し、臨床開発モニター(以下CRA)として、モニタリング業務をしてきました。モニタリングとは、臨床試験が計画に沿って適切におこなわれているかを実際に病院へ行って確認(モニター)する業務です。約8年前からはさまざまなプロジェクトのリーダーとして、現場で働くCRAをまとめています。

Y.N. 私は2004年に新卒で入社しました。いまはI.H.と一緒に「グローバルスタディ」という、グローバル展開している製薬会社が世界で同時に開発する薬剤のプロジェクトを担当しています。同じ薬に対して2種類の試験を併行して進めていて、I.H.と私が各試験のリーダーを務めています。会社としても過去最大規模のグローバルスタディなので、それをリーダーとして任されていることにやりがいを感じています。

I.H. 全社員の約6割が女性で、私の所属している部門におけるプロジェクトリーダーの女性比率も半数弱と高め。女性がリーダーとしても活躍していける会社だと感じています。この会社に入って、女性だからやりづらいと思ったことは一度もないですね。リーダーとして「こういうことをやってみたい」と思ったとき、アイデアがポジティブで合理的なものなら、上司に相談すれば必ず受け止めてもらえます。今年自ら志望して海外の学会にも参加してきました。

■未経験者も安心!人財を大切にしてくれる制度

I.H. この仕事で一番やりがいを感じる瞬間は、やはり担当していたプロジェクトの薬剤が承認されたときです。ただ、承認される薬以上に承認されない薬も多いので、薬剤の承認を最終ゴールにしつつ、よりかみ砕いた目標も設けて、自分自身やチームメンバーのモチベーションアップを図っています。

Y.N. 管理職としては、人財育成という観点から部下であるCRAをどう育てていくかを考えるのも仕事の楽しさのひとつです。A2 Healthcareでは人材ではなく「人財」という表現を使うのですが、人財開発に力を入れているのも特長です。入社時研修はもちろん、管理職研修も年に数回あります。また、必要なスキルを習得するための研修プログラムも充実しています。

I.H. 新入社員や未経験キャリア(中途)の入社時には、必ず「チューター」と呼ばれる指導担当がつき、「On the Job」つまり実際の仕事をしながら、つきっきりで教育してもらえる制度もあります。もちろん、チューターだけでなく、チーム全体としてもサポートします。いまのチームは新入社員や未経験キャリア(中途社員)も多いのですが、こうした制度のおかげでチームがうまく回っている実感はありますね。

Y.N. A2 Healthcareは2014年から段階的に企業統合をして計3社が集合した会社です。もともと、それぞれの母体が小さな会社だったこともあり、人を大切にする企業風土があると思います。これは外資系の会社などにはない強みかもしれません。

注目の商品