0

収納をミニマルにすると部屋づくりが楽で楽しくなる!

2017年4月10日 15時52分 (2017年4月11日 22時57分 更新)

片付けたいからといって収納家具を買い足すと、部屋が狭くなって困ります。モノをためたくない増やしたくないから、ミニマルな収納道具で部屋づくり。しまわず片付けたままなのにインテリアがおしゃれになりますよ。

かごや箱で収納をミニマルにする
片付けたくなったら収納家具を買う代わりに、かごや箱を使って収納をミニマルにするのがおすすめ。たくさん入るからという理由で大きなモノを選ぶと、邪魔になったり存在感が出すぎてしまったりします。実用性を頭に入れて、しまいたいモノから入れ物のサイズを割り出すことと、四角い形状のものにすることが大切です。

そして使い始めるときには、そろいのかごや箱を1~2点。あとから必要に応じて買い足せるように、定番商品を選ぶのがミニマルのキーポイントです。室内にそのまま置いてあるだけで、散らかって見えない道具を選ぶには素材と色に着目。さらに見た目がかわいいと、部屋づくりが楽しくなります。

ナチュラルなイメージなら植物素材のかごや木箱、アンティーク調の箱にするとパリ風やカフェ風にも。白い紙製の箱なら明るい空間に、男前に仕上げるならメタル素材や黒い紙製の箱といった具合に、部屋の雰囲気づくりに道具がひと役かってくれます。


入れ物で定量キープする
かごや箱を使うとモノの指定席が決まるので、散らからなくなったり、探し物がなくなったり、見た目がきれいに整ったりするなど、いいことがたくさんあってやる気になります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品