0

愛猫が部屋を自由に移動できる「ペットドア」。設置する方法は? 金額や期間はどのくらいかかる?

2017年6月5日 07時22分 (2017年6月27日 06時10分 更新)

SNSや動画、ネットニュースなどで見ない日がないほど、人気が続く猫。さまざまな猫グッズがありますが、そのなかで「持っていないけど欲しい」の声が多い「ペットドア」。では、取り付けるための費用や注意点などは? 建材メーカーと実体験を紹介します。

ペットドア設置には「ドアまるごと交換」と「部分的に後付けする」の2種類の方法がある

猫の魅力はひと言では語り尽くせませんが(筆者も猫飼いです)、自由気ままな行動をあげる人も多いことでしょう。家中をわが物顔で自由に歩き回り、寝たり遊んだりして1日を過ごしています。なかには特技をもっていて、「扉を開けられる」そんな賢い猫もいるといいます。

しかし、「猫は扉を開けることができても、閉めない」「しょっちゅう扉を開け閉めしている」「家中の扉が開けっ放しで、冷暖房効率が悪い」といった悩みもつきません。ちなみに筆者は以前、わが家を訪れた親戚には「家中のドア、開けっ放し……」といわれたことがあります。

同じように悩む人は多いとみえ、持っていないけれど欲しい猫グッズランキングの第1位は、「ペットドア」なのだとか。個人的にも納得の結果です。

ペットドアは一般には猫用扉、キャットドアなどともいい、猫だけでなく、小型犬などがくぐり抜けられるサイズ(高さ30cm×幅20cm程度)の扉がある建具のことをいいます。取り付け方法は2種類あり、ドアそのものをまるごと「ペットドア付き」の製品に交換するか、現在、使用しているドアに「ペットドア」を後付けするかです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品