0

賃貸物件で大金を発見した! 届け出は必要なの? 謝礼はある?

2017年6月7日 07時42分 (2017年6月22日 23時10分 更新)

先日、「アパートの床下からお金が出てきたんだけど」という日記が一部で話題になっていた。匿名での書き込みだけに、本当にお金が出てきたのか、もしくはネタなのか真偽のほどは分からないが、もし実際に住んでいる賃貸住宅のどこかで大金や有価証券、金塊などを見つけてしまったらどうしたらいいのか。その対処法を弁護士に聞いてみた。連載【ネットで話題の住まいトピック】
ネットニュースやTwitterなどで話題になった住まいに関するトピックを、時にゆるく、時に真面目に紹介します。

遺失物として警察に届け出を!ネコババすると罰則も

アパートやマンションなどの部屋の床下や、天袋、戸棚の奥などから大金・現金が出てきたら、どうしたらいいのだろうか。見つけた場所によっては、「自分のもの」として所有権を主張することもできる……なんてことはあるのだろうか。

「今回のようなケースですと、『遺失物法』に則って処理することになりますので、発見した場所が賃貸物件の自室であろうと、建物の廊下であろうと、交番や警察に届け出なくてはいけません。基本的に遺失物は、駅や商業施設のように、施設といえるような場合は施設管理理者に届け出ることになっていますが、道路や今回のケースのように施設ではない場合、あるいは施設かどうか判断に迷う場合で、“所有物が誰のものか分からない”ときは、警察に届け出るのがよいでしょう」と話してくれたのは、不動産に詳しい原田綜合法律事務所の原田和幸弁護士。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品