2

「女性が稼げる」仕事ランキング

2017年6月19日 09時15分 (2017年6月20日 09時10分 更新)
世の中にはいろいろな仕事があるけれど、稼ぐ女性はどんな職種に就いている? 高収入なのは、やっぱり特殊な知識やスキルを要する専門職? 転職市場で女性に人気の企業はどこ? そこではどのくらい稼げるの? かなり気になる「稼ぐオンナ」の実態と、彼女たちの特徴に迫ってみました。
■高収入を得るには早期計画が必須
表は、厚生労働省の調査をもとに作成した2016年の女性の高収入職業ランキング。前年と比べて目に付くのは、航空機操縦士がトップになったこと(前年4位)、航空機客室乗務員が大きく順位を上げたこと(前年22位)。それ以外は、例年上位に入るおなじみの顔ぶれです。
「代表格はいわゆる『士業』。弁護士、税理士、公認会計士などの専門性の高い資格職業です。字は違いますが、医師や歯科医師などの『師業』も、年収の高さが知られています。いずれも高度な知識が求められます」と転職サービス「DODA」編集長の大浦征也さん。
多くの場合、学生時代の進路選択時から方向性を決め、勉強を重ねていく必要があります。高い年収を得るには、早期計画が必須なのです。
■インセンティブで稼げる業界もある
とはいえ、社会人になってから医師や弁護士を目指すのは大変です。そこで注目したいのが、民間企業の中でも比較的高収入が望める職種。専門性やスキルを磨き、より稼げる仕事を目指す手もあります。転職サービス「DODA」の調査で、女性の平均年収が高かったのは――。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    全て税金からの共済補助でお手盛りの公務員が入っていない、 40代ともなれば、上位に入るはずだが!?

    10
  • 匿名さん 通報

    正規雇用、正社員ではなくてさ、「女性が稼げる」仕事ということでの記事なら、公務員と接客サービスも入れないと。「士」「師」「嬢」「姫」、専門性、特殊技能重要です。

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品