3

空自F-35A、最新ミサイルJSMは北朝鮮に有効? ステルスあり300km巡航、その実力は

2017年7月17日 07時10分 (2017年7月20日 15時05分 更新)

航空自衛隊のF-35Aに導入を検討していると伝えられた最新空対地ミサイル「JSM」、緊張を増す北朝鮮対策と見られますが、実際のところどのようなミサイルで、どのような運用が見込まれるのでしょうか。

新しい空対地ミサイルは敵基地攻撃を想定したものか?

 2017年6月25日(日)に一部メディアが報じたところによると、政府は航空自衛隊の新鋭ステルス戦闘機F-35A「ライトニングII」に対して、空対地ミサイルの導入を検討しているとのことです。


JSMはF-35Aの胴体ウェポンベイ内部に2発を携行可能。外部搭載の必要がないのでステルス性を損なうことがない(画像:レイセオン)。

 ここでいう「空対地ミサイル」とは、将来F-35Aにおける運用能力付加が予定されている「JSM(統合打撃ミサイル)」を指しており、JSMは現在のところノルウェーのコングスベルグ社およびアメリカのレイセオン社が開発中です。

 JSMはジェットエンジンを搭載することで約300kmの長射程を持ち、また高いステルス性を持つことによって迎撃されにくい特徴をもった巡航ミサイルであり、敵の地対空ミサイルの射程圏外から攻撃が可能であることを意味する「スタンドオフ・ウェポン」です。

 JSMの導入は、北朝鮮の弾道ミサイルに対する「敵基地攻撃能力」を想定したものと推測されますが、実際F-35AにJSMを搭載することでこれは可能になるのでしょうか。

JSMは北朝鮮の弾道ミサイル対策になりうるのか?

 結論から言うとF-35AとJSMだけでは、北朝鮮の弾道ミサイルを破壊することは不可能です。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    北朝鮮が核作る前に潰しとけ。アホ、アメリカ、連合軍。

    0
  • 匿名さん 通報

    先制攻撃しかないな

    0
  • 匿名さん 通報

    あとトマホークとMOAB追加で調達してくれ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品