0

旅行や帰省など……夏休みに長く家を空けるときに気をつけることは?

2017年8月11日 09時32分 (2017年8月11日 10時57分 更新)

旅行や帰省など……夏休みに長く家を空けるときに気をつけることは?

[拡大写真]

夏休みに旅行や帰省などで、お家を長く空けることが増える時期です。楽しい時間を過ごして帰ってきたあとも、安心で安全に、いつもの日常に戻れるよう、出かける前に気をつけておきたいこと、やっておきたいことをまとめてご紹介します。

■暑い時期のうっかりに気をつけて!
家を空けるときは、家の鍵をかけるのは当然のこと。でも、暑い時期は部屋の窓を開けて過ごすことが多いです。家に誰もいないときは、玄関や窓すべて閉めるのが基本中の基本ですが、ついうっかり閉め忘れて、長期間家を空けるのはとても危険。誰も入れないような高い場所や小さい窓であっても、油断は厳禁。絶対に鍵をかけてください。


■玄関の電気はつけっぱなしが◎
外からでも家に誰かいるかどうかを知るために、見られているのが電気です。灯りがついていると、誰かいるのではと警戒されますが、終日電気がつかなければ、誰もいないと思われて狙われやすくなります。時間で自動的に点灯するタイマーライトを用意するのがおすすめですが、玄関など外から見えやすい場所の灯りをずっとつけっぱなしにしておくだけでも防犯上効果があります。


■抜ける家電のプラグは、全部コンセントから抜いておく
普段の外出では大変ですが、長期間家にいないときは、冷蔵庫などつけっぱなしにしておかなければならないものを除いて、抜ける家電のプラグは、全部コンセントから抜いておくのがベター。節電効果もありますが、不在時の火災を避けたり、最近多いゲリラ豪雨の落雷の被害も最小限に食い止められます。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品