0

給料が意外に高い/低い米国の職業10選

2017年8月13日 12時30分 (2017年8月15日 11時26分 更新)
給与の額は職業によって違うものだが、中には給与が一般的な予想より高かったり低かったりする職業がある。

キャリア情報サイトのグラスドア(Glassdoor)は、米国内のさまざまな職業の給与情報を集めている。このデータからは、職業によっては給与の予想額と実際の平均額の差が際立っているものがあることが分かる。

以下に、給与が一般の予想よりも低かったり、高かったりした職業を10種ピックアップした。金額は2017年7月時点の年収中央値だ。

・薬剤師/12万4443ドル
・薬剤技師/3万543ドル
・副大統領/23万700ドル
・救急救命士/3万4038ドル
・医療補助員/3万2992ドル
・大統領執務室業務担当主任/16万5000ドル
・レストラン調理師/2万8696ドル
・データ科学者/9万5217ドル
・グラフィックデザイナー/4万3577ドル
・バス運転手/2万7000ドル

大方の予想よりも年収が高かった職業の一つが薬剤師で、米国内の年収中央値は12万4443ドル(約1370万円)だった。ただし、薬剤師になるにはかなりの勉強と資格認定が必要だ。仕事内容は、薬局運営の監督、規制薬物の管理、処方箋記録の保持などで、控えめに言っても責任重大な仕事だ。

同じ職場で働きながらも、給与が一般の予想より低い職種が、薬剤技師だ。処方薬を調剤し、一般的に顧客対応も行う。グラスドアによれば、薬剤技師の年収中央値は3万543ドル(約340万円)で、前年から3.9%増加した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品