47

AT車「N」レンジの使いみちとは? 「N」+パーキングブレーキで信号待ちは危険?

2017年8月19日 07時10分 (2017年8月23日 07時37分 更新)

AT(オートマ)車のトランスミッションには多くの場合、「P」「R」「N」「D」などのレンジがありますが、このうち「N」レンジはあまり使われません。そもそもなぜ「N」レンジが設けられているのでしょうか。

MT車では頻繁に使うも、AT車では…

 AT(オートマ)車のトランスミッションには「P」「R」「N」「D」などのレンジがあります。それぞれ「パーキング」「リバース」「ニュートラル」「ドライブ」を意味し、駐車やバック、前進など状況に応じて切り替えます。


AT車のトランスミッションのイメージ。「2」「L」レンジの有無や表示は車種により異なるが、「P」「R」「N」「D」は多くのクルマで共通する(画像:Pramote Soongkitboon/123RF)。

「ニュートラル」すなわち「N」レンジでは、ギアがかみ合うことなく、エンジンの動力が車輪に伝わらない状態になります。MT(マニュアル)車では、駐停車の際などに頻繁に使うレンジですが、AT車には多くの場合「P」レンジがあるため、あまり使わないかもしれません。

 そもそもAT車の「N」はいつ使うのでしょうか。フジドライビングスクール(東京都世田谷区)の田中さんに、教習においてどのように教えているのか聞きました。

ーー「N」レンジはどのようなときに使うのでしょうか?

 基本的に「使わない」と教えています。クルマが壊れたときに押してもらったり、けん引されたりする場合に「N」レンジに入れますが、それも多くの場合は業者さんがやりますので、問われない限りあえて意味や用途を説明することもありません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 47

  • 匿名さん 通報

    「タイヤの接地摩擦抵抗なんて無意味」<まだ言ってるよ。ブレーキ踏んでいなかったらあなたが言う「余程の低速ならまだしも」でも飛び出すんじゃないの?w

    8
  • 匿名さん 通報

    まぁ、不用意にギアポジションを頻繁に換えていると、勘違いや思い込みでギアポジションを間違えて事故を起こすリスクも高まるので、頻繁な車線変更同様に危ない行為

    7
  • 匿名さん 通報

    Nはニュートラル<その通りの話ですが??僅かな信号待ち等の間、ギアをDからNにするのは安全か否か。夜間ならブレーキランプ灯らないから後ろから追突される。

    6
  • 匿名さん 通報

    ブレーキ離すやつは、追突されたとき交差点の中に押し出されたいバカなのかな?

    6
  • 北海道 通報

    雪道で停止するとき、Nレンジに入れている方が停止距離が短くなります。Dレンジのままだと、エンジンの力が伝わっているからです。マニュアル車でクラッチを踏みながらブレーキをかけている状態と同じです。

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品