0

ファミマの「自販機コンビニ」がどんどん増えている理由

2017年9月13日 08時00分 (2017年9月14日 08時11分 更新)

ファミリーマートの「自販機コンビニ」が増えている

[拡大写真]

 コンビニの出店数はこれまで右肩上がりで成長してきたが、ここにきてそのスピードが減速している。日本フランチャイズチェーン協会によると、2017年3月末の国内のコンビニ店舗数は5万4822店。前年同月と比べた増加率は2.2%増にとどまり、伸び率は年々鈍化しているのだ。出店余地も限られてきているので、「市場の“陣取り合戦”は終わり」(大手コンビニ)といった声があるなかで、いまだ急成長しているところがある。

 このように書くと、「北海道にあるセイコーなんちゃらとかいうやつでしょ」と思われたかもしれないが、残念ながら違う。ファミリーマート(以下、ファミマ)が運営している「自販機コンビニ」が順調に増えているのだ。自販機コンビニは、2010年に吸収合併したam/pmが手掛けていて、その事業をファミマが引き継いだ。12年に本格始動したときには750台ほどだったが、17年7月末現在で2118台に。設置台数は5年ほどで、2.8倍ほど増えているのだ。

 「あらそうなの。でも、そんなの見たことがないよ」という人もいると思うので、ここで簡単にご紹介しよう。マシーンの高さは183センチ、幅は116センチで、30本ほどの飲料が入る自販機とサイズはほぼ同じ。マシーンの中に、おにぎり、弁当、パン、スナック菓子などが並んでいて、利用者はお金を投入して、自分が欲しいモノを購入するといった流れ。24時間稼働しているが、商品は原則1日1回しか補充していない。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品