0

気象予報士が"天気が悪い"と言わないワケ

2017年9月14日 09時15分 (2017年9月15日 09時11分 更新)
情報を発信すれば、意図しなくても人を傷つける可能性がある。特にネットの情報は、いつ、どこで、誰の目にとまるか、想像するのが難しい。広報のプロである大谷恵さんは「炎上を避けるには『3つのFの視点』が重要になる」としたうえで、「だから、気象予報士は『天気が悪い』とは言いません」と説明する。それはどういう意味なのか――。
■情報の発信はどこかの誰かを傷つけている
私は、「広報」の仕事をしています。広報とは、「広く報(しら)せる」の文字通り、「新製品が出ます」「新しい取り組みを始めました」「こんな事業を行っています」といった情報を社内外に広め、「選んでいただく」=「ブランドを高める」ための仕事です。
広めるべき情報を峻別し、「攻め」と「守り」のバランスをとりながら「真意を伝えるコミュニケーション」が求められる仕事です。私はこの仕事をとおして、「広めるべき情報」と「出さない情報」を区別する癖をつけてきました。
それでも、ミスすることがあります。
仕事のひとつに、毎週19万人の読者にむけてエグゼクティブコーチが書くコラムの編集発行があります。
東北の震災から2年ほど経ったときのことです。「何十年もかけて、何万本もの桜を植樹する」という、ある地域の活動をテレビで知りました。放射能問題などで土地を離れた人たちがいずれ帰ってくるようにという願いをこめ、地元の人たちを中心に桜を植え続けるという活動でした。その取り組みにつき動かされ、編集後記で触れたのです。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品