0

万一に備えたい! ペットの防災対策

2017年10月2日 18時10分 (2017年10月2日 20時00分 更新)

生活において「ペット」はとても大切なパートナーですが、地震などの災害で一緒に避難する際の備えは十分でしょうか? 日頃の準備やいざという時の対応など、いろいろと心配になるところです。そこで今回は、「ペットの防災」を管轄する東京都福祉保健局健康安全部の鮫島弘尚さんにお話を伺いました。

●ペットの防災について・その1「防災用品を準備する」

「ペットと避難する場合、まず大切なのは『ペット用の防災用品』です。災害時にはどうしても『人間用の物資』の供給が優先されますから、必要なものは自分で用意しておかなければなりません。準備しておきたいものはペットフードや水をできれば5日分、常備薬、トイレ用品、移動用のケージ・キャリーバッグなどですね。避難生活は環境の変化によってペットにストレスがかかるので、ストレスを少しでも軽減するためにも普段から食べ慣れたフードを用意した方がいいでしょう」


●ペットの防災について・その2「最寄りの避難場所を確認する」

「自分が住んでいる地域の最寄りの避難場所・避難経路を確認しておきましょう。避難場所ではアレルギーのある方もいますから、たいていペットは人間とは別の場所に配置されます」


●ペットの防災について・その3「やっておきたい健康管理・身元表示・しつけ」

「避難場所では大勢の人やほかのペットもいますから、日頃からワクチン類はきちんと接種しておくことをおすすめします。特に狂犬病のワクチンは一年に1回の接種が義務付けられていますので、必ず接種してください。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品