0

発表!「片づけ大賞2017」。片づけられない人の暮らしは、プロ技アドバイスでどう変わった?

2017年10月3日 08時02分 (2017年10月18日 00時24分 更新)

片づけや整理収納のプロ達が集う「片づけ大賞2017」が8月に大阪市で開催されました。プロの高度な片づけセオリーやスキルを讃え、その知識を共有する場です。片づけ・整理収納のプロが、片づけられない人をどのようにサポートしているのか、また、プロに依頼することで片づけられない人の暮らしにどのような変化が生じるのか、8人のファイナリストの方々の事例を元に紹介します。

「片づけられないと悩まないで。私たちプロがいますよ」

「片づけ大賞」とは、片づけや整理収納の仕事をしている“片づけのプロ”の全国大会。2014年に第1回大会が開催され、今年で4回目を数えます。片づけや整理収納の団体、企業はいくつもありますが、所属を問わず片づけのプロ達がさまざまな片づけ事例を共有する場となっています。

片づけ大賞のサイトには、次のように開催の目的が掲げられています(一部抜粋)。
――モノと情報が氾濫する現代の日本では、昔のように誰もが自己流で整理整頓ができるほど、空間もモノも情報も思考も単純ではなくなっています。そう、小学校の家庭科で『片づけ、整理整頓』を学ぶ時代であり、学ばなければ快適な生活を営むことすら困難になっているのです。
――「片づけられない人」の増加に対する「片づけ・収納のプロ」という職業の普及と認知度の向上は急務であり、これを実現するための一つの施策として「片づけ大賞」は誕生しました。
――多くの片づけられない人に希望を与えるとともに、日本人の幸福度の向上に寄与できることと確信しています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品