1

世界一の投資家・バフェットに学ぶ。その究極にシンプルな投資哲学

2017年10月6日 18時00分 (2017年10月7日 17時48分 更新)

 世の中にはお金に関するさまざまな理論や手段手法があふれています。ネット上にはたくさんの節約術や投資術があふれ、魅力的な商品も山のように存在します。思わず手を出したくなりますが、バフェットが「時代遅れになるような原則は、原則じゃありません」と言っているように節約や投資に関する原則は案外とシンプルでそこに流行りすたりはありません。

 大切なのは次々と流行に飛びついて中途半端になることではなく、自らが決めたルールや原理原則をどこまで守れるかなのです。バフェットは若い頃、『1000ドル儲ける1000の方法』という本に出会い、感銘を受けていますが、その本から学んだのは手法ではなく「自分から始めなければならない」「ルールは守らなければならない」というものでした。

 本を読んだり、講演などを聞いた時、その内容に対して「あっ、それは知っている」と言う人は少なくありませんが、では「できているか?」という問いに「はい」と言える人は案外少ないのではないでしょうか。そこにバフェットとの違いがあります。

 バフェットにとって原則やルールは「実行する」ものであり、「知っている」だけでは何の意味も持ちません。成功のためには「知る」だけではなく、「実行する」、それもバフェットのように「習慣となるまで徹底して忠実に実行する」ことが必要なのです。

【次回:世界一の投資家・バフェットが1セント硬貨を拾い上げて言った言葉

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    何でも安くなるまで買うのを待つ。高くなり満足したら売る。値下がりしそうならすぐに売る。普段はケチで金を貯め、考えた通りに躊躇なく行動する。嫌われてます。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品