0

その椅子ちょっと待った!体形にあったワークチェア選び教えます

2017年10月6日 14時57分 (2017年10月6日 16時00分 更新)

その椅子ちょっと待った! 体形にあったワークチェア選び教えます

[拡大写真]

読書やゲーム、ネットサーフィンなど、ふと気づけば長い時間椅子に座ったまま……なんてこと、結構ありますよね。体の節々が痛くなっている方も多いのではないでしょうか?

もしかしたら、それは椅子に問題があるのかもしれません。合わない椅子に座っていると知らないうちに不自然な姿勢になり、腰痛や肩こり、足のむくみといったさまざまな弊害をもたらすものです。そのまま放っておくとぎっくり腰や椎間板ヘルニアになる危険性もあるでしょう。

そこで今回は体に負担をかけない椅子、ワークチェアの選び方や座り方について、専門家にお話を伺いました。

――そもそも、ワークチェアとはどういうものですか?

「ワークチェアとは主に座面の奥行きやアームレスト(肘置き)やヘッドレストの高さなど、体を支える部分の調節ができるチェアのことです。今回は一人暮らしの方にちょうどよい、1脚あればいろいろな場面に対応できるチェアの選び方やポイントについて知っていただければと思います。まずはどのように調節すると、どんなシーンで役立つかをご紹介しましょう。

例えばデスクトップパソコンのキーボード操作をする時は、腕の重さの支えとしてアームレストの高さや角度を調節することで肩こりを軽減できます。また勉強時はアームレストを下げることで机と体を引き寄せられ、負担のかかる前傾姿勢を抑えることができるのです。そのほかにもリラックス時にリクライニングさせれば、体を休めることもできます」


――それでは、ワークチェアを選ぶ際に気をつけるべきポイントについて教えてください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品