0

新生「コンパーノ」ほか、ダイハツが東京モーターショー出展概要を発表

2017年10月6日 13時30分 (2017年10月11日 06時17分 更新)

ダイハツが「東京モーターショー2017」の出展概要を発表しました。「コンパーノ」や「ミゼット」のDNAを継承する世界初公開車両などの出展を予定しています。

世界初公開4車種、日本初公開1車種

 ダイハツは2017年10月6日(金)、東京ビッグサイトにて10月27日(金)から開催される「第45回東京モーターショー2017」への出展概要を発表しました。世界初公開4車種、日本初公開1車種のコンセプトモデルを出展する予定です。


世界初公開のコンパクト4ドアクーペ「DN コンパーノ」(画像:ダイハツ)。

●「DN プロカーゴ」(世界初、参考出品)
・1957(昭和32)年に発売された「ミゼット」の使い勝手の良さと高い拡張性を継承。
・女性やシニアでも乗り降りしやすい低床フラットフロアと、室内高1600mmでウォークスルー可能な室内大空間による高い作業性やサービス性。
・幅広い業種・用途に合わせ変化させられるバリエーション豊かなマルチユニットシステム(「デスクユニット」でモバイルオフィス、「クリニックユニット」で簡易診療所、パレットのリフターが付いた「ラックユニット」など)。
・EVユニットは「軽にふさわしいものを検討中」(ダイハツ)。

●「DN コンパーノ」(世界初、参考出品)
・1963(昭和38)年に発売した「コンパーノ」の、コンパクトながらスタイリッシュなデザイン思想を継承した、伸びやかで美しいシューティングラインを備えたスタイリング。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品