0

新幹線、TVアニメに 実在車両モデルの変形ロボ『シンカリオン』 2018年からTBS系

2017年10月7日 16時48分 (2017年10月12日 06時57分 更新)

E5系やN700Aなど、実在の新幹線車両が巨大ロボになる『新幹線変形ロボ シンカリオン』がTVアニメに。敵は「漆黒の新幹線」。石原良純さんは「E7かがやき」が好きで、グランクラスの日本酒がおいしいそうです。

実在する新幹線がモチーフ 敵は「漆黒の新幹線」

 実在する新幹線車両が巨大ロボットに姿を変える『新幹線変形ロボ シンカリオン』、そのTVアニメ化が明らかになりました。


イベントに登場した石原良純さんと、「シンカリオン」のE5はやぶさ、E6こまち、E7かがやき、N700Aのぞみ(2017年10月7日、恵 知仁撮影)。

 10月14日の「鉄道の日」を記念し、2017年10月7日(土)に日比谷公園(東京都千代田区)で開催された「第24回 鉄道フェスティバル」で発表されたもの。そのステージイベントに登場した、鉄道ファンとして知られる俳優・タレントの石原良純さんは「鉄道がこんな形で新しい世界になりワクワクします!」と、TVアニメ化について興奮気味に話しました。

『新幹線変形ロボ シンカリオン』は、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社が原案の、「実在する新幹線」がロボットに変形するキャラクターコンテンツ。鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下に存在する特務機関「新幹線超進化研究所」によって開発された巨大ロボットが「シンカリオン」で、運転士になった子どもたちが「シンカリオン」とともに、「漆黒の新幹線」が生み出す謎の巨大怪物体に立ち向かいます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品