9

なぜ高級官僚から小さな生保に転職したか

2017年10月11日 09時15分 (2017年10月12日 09時11分 更新)
ライフネット生命の出口治明氏が今年6月の株主総会で会長を退任し、新たに30代の若手2人を後継に指名。大胆な若返りを断行した。「2人の年齢を足したら、ちょうど僕と同じくらいの歳になる」(出口氏)そうで、その一人が前回ご紹介した33歳のゴールドマン・サックス証券出身の森亮介氏。もう1人が今回ご紹介する木庭康宏氏だ。木庭氏は30歳で厚生労働省からライフネット生命に転職したという、異色の元官僚。出口氏、木庭氏にそれぞれ話を聞いた。
■全体を見てフェアに判断する能力が傑出
――まず出口さんが、木庭さんを取締役に推薦したポイントを聞かせてください。
【出口】僕が思うに、木庭くんの長所はまず、全体を見る力“俯瞰力”ですね。忘れられないエピソードがあります。僕が30歳の頃、英国大使館に勤務する英国人とご飯を食べていると、「最近、日本のコマーシャルが変だ」と言うんです。何のことを言っているのか聞いてみたら「にっこり笑ったおじいさんが法被を着た男の子と拍子木を打ちながら『戸締り用心 火の用心』と言っていた。同じおじいさんが世界の子どもたちと『かごめかごめ』を踊りながら『天下は一家 人類みな兄弟』と言っている。クレイジーだ」と。「え、なんでクレイジーなの?」と聞いたら、「だってみな兄弟だったら、戸締りはいらないはずだよ」。僕は言われるまで、全く気がつかなかったんですよ。
木庭くんはその英国人のように、全体をきちんと見て、フェアに判断する能力が、当社の中では傑出していると思います。

コメント 9

  • 匿名さん 通報

    「みな兄弟だったら、戸締りはいらないはず」←ただの小学生の屁理屈。こんなもんを「フェアに判断する能力」とか言ってるようだからダメなんだよな。物事をそんな単純に切り分けるのは単細胞という。

    13
  • 匿名さん 通報

    う~ん、要は厚労省では東大出じゃないし、出世の見込みがないから民間で金もらう方を選んだわけね。でも役人から民間に行って成功した人なんてほとんどいないよw。

    8
  • 匿名さん 通報

    個人の部屋、子供の部屋でも鍵がかかるようになってる英国人が言ったら矛盾しないか?こいつの持ちネタだろ。

    4
  • 匿名さん 通報

    11:24はおかしいものをおかしいと感じる心がない。「高価買入、安価販売」も本当にやったら店が潰れる。大人の腐った感覚と子供のまっすぐな目とどっちが正しいか。

    2
  • 匿名さん 通報

    「兄弟なら、戸締り不要」って、本質を見ずに、揚げ足をとっている。面白いけど、こういうのは実制作の現場に居ると邪魔でしかない。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品