0

日本が資源大国になる!? メタンハイドレートに3つの追い風

2009年3月19日 09時15分 (2009年4月18日 00時11分 更新)
 夢の国産資源として関心が高まっているメタンハイドレートが、実用化に向け着実に前進している。

メタンハイドレートとは、「燃える氷」とも言われ、天然ガスの主成分であるメタンが、高圧・低温の海底下や凍土下でシャーベット状に固まったもの。

 1990年代には日本の領海内に、日本で消費される天然ガスの約90年分に相当する埋蔵量があるとの研究報告も発表され、「日本資源大国論」が盛り上がることもあった。だが、それは遥か彼方の深海の世界。数年前までは科学的な研究対象でしかなく、メタンハイドレートの採掘や商業利用は夢の領域だった。

しかし、ここへきてメタンハイドレートを見直す気運と期待が急速に高まってきた。背景にあるのは、経済環境の変化、豊富な資源量、技術の進歩の3点に集約される。

 まず、ここ数年来の資源の逼迫、世界中で起こった資源ナショナリズムへの高まりが、国産資源の夢を現実に変える後押し材料となった。

 日本近海に想像以上の資源が眠っていたことの再認識も、夢の実現度を高めた。2007年に経済産業省が東部南海トラフ海域(静岡県~和歌山県沖)を本格調査したところ、日本の天然ガス消費量の14年分(東京ガスの販売量の約40年分)にあたる約1.1兆立方メートルの埋蔵量が確認された。採掘しやすい濃集帯に限っても同7年分はあると見られている。「日本近海の一部を調査しただけなのに、こんなにも良質な資源があったことに改めて驚いた」(研究者)という。

 そして、ここへ来て技術面でも“吉報”が相次いでいる。昨年カナダで行なわれた実証実験では、従来の石油・天然ガス採掘技術の応用である「減圧法」による採取に成功。3月上旬にはロシアのバイカル湖で清水建設が、北見工業大学やロシアの研究機関と共同で、湖底(水深400メートル)の表層面から連続回収する実験に成功するなど、実用化へ向けて着々と開発が進んでいる。

 こうした実績を基に昨年、国は2018年度をメドにメタンハイドレートの実用化技術を確立し、2019年からは商業生産を開始する方針を打ち出した。

 メタンハイドレート採掘に携わる技術者は「10年前には雲をつかむような話だったが、今では実現可能な目標だと考えている」と語るが、こうした「手ごたえ」を関係者全体で共有しつつあるのだ。

 もちろん、メタンハイドレートの実用・商業化を狙っているのは日本だけではない。じつは、日本が火を着けたかっこうで、メタンハイドレートに関する開発が世界で始まっている。世界的な資源争奪戦の高まりも手伝って、特に中国、韓国、インドなど資源に乏しい国々が積極的で、技術競争が激化してきた。

 もっとも、国産資源という観点から言うなら、メタンハイドレートが日本の領海内にある限りは国産技術にこだわる必要はない。採掘技術の競争が世界中で行なわれて、メタンハイドレートの実用化が早まるのなら歓迎すべきことである。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木豪

■関連記事
・“忘れられた資源”オイルシェール、原油高の救世主となるか
・資源の寡占化に震える日本の産業界 公正取引委員会は独禁法の域外適用を【町田徹コラム】
・「生ゴミ」がつなぐ、有機農業の輪! “売る”から“貸す”で広まったグリーン・サービサイジング事業
・日本の環境技術を途上国へ。途上国が自立と幸せをつかむ“新しい支援”の形とは?
・燃費向上と原料の“脱石油”を両立 住友ゴムの「超エコタイヤ」の実力


注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品