コンビニで見かける「加熱たばこ」って何? 健康への影響、電子たばことの違い

2015年9月26日 13時06分 (2015年9月27日 12時42分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニで見かける「加熱たばこ」って何? 健康への影響、電子たばことの違い(写真=ZUU online編集部) ((ZUU online))

[拡大写真]

 都内ではコンビニのレジ横で今、大きく展開されている「iQOS(アイコス)」。愛煙家は気になっているのではないだろうか。

 2015年9月1日、フィリップ モリス ジャパンが発売した「加熱たばこ」だ。スイス日本では名古屋ですでに限定販売されていたが、今回満を持して全国展開が始まった。

 「電子たばこじゃないの?」と思われる方もいるかもしれないが、「加熱たばこ」はこれまでにない、まったく新しい商品だ。身体への負担や煙、値段など、愛煙家の気になる点を調べてみた。

■「たばこ」を燃やさずに加熱する

 「iQOS(アイコス)」は、スイスのフィリップ モリス インターナショナルが開発した商品で、たばこ葉を燃やすことなく加熱する。通常の紙巻たばこの喫煙に近い味わいを再現しているという。火を使わないので煙や灰が出ることもなく、紙巻たばこの煙に比べてにおいも少ない。発生する「たばこベイパー(蒸気)」は、紙巻たばこの煙よりも有害な成分が大幅に削減されていることが同社の試験で確認されたという。

 同社は2008年から2014年にかけて、「喫煙関連疾病を発症するリスクを低減する可能性のある製品」の開発と実証に約2000億円を投資し、この商品はその成果としてリリースされた。

■たばこを吸っている感覚とそう変わらない

 iQOS専用たばこ「マールボロ ヒートスティック」は、一般的な紙巻たばこより短いもので、その先端(紙巻たばこでいうと火を点ける側)をiQOSホルダーに挿入し、ボタンを押して加熱した後、ヒートスティックのフィルター側から、たばこ成分を含んだ蒸気を吸い込む。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品