「賃貸派」の夫婦、終の棲家どう考えるべき?

2016年1月17日 08時02分 (2016年1月18日 07時13分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「賃貸派」の夫婦、終の棲家どう考えるべき?(写真=PIXTA) (ZUU online)

[拡大写真]

 <質問>地方出身の私は、大学卒業後、流通関係の会社で35年間働いてきました。5年おきぐらいに全国規模で転勤があったので、住まいは賃貸住宅ばかり。自分の家を持てませんでした。子どもができなかったため、妻(56歳・専業主婦)と2人、転勤のたびに好きな物件を選んで住むのは、それなりに気楽だったともいえます。

 でも、今年58歳となり、そろそろ定年が視野に入ってきましたので、定住を考えた方がいいような気がします。60歳以降65歳までは契約社員となり、転勤もしなくてよくなるからです。

 ただ、問題となるのは資金のこと。65歳以降は、夫婦ともに気に入っている神戸市内に住みたいのですが、ロケーションのいいマンションは中古でも高くて手が出ません。年金生活に入ってからローンが残るのも怖いです。今さら持ち家を望むのは無理でしょうか。終の棲家を視野に入れたアドバイスがいただけたら助かります。

 現在の貯金は2,000万円ほど。退職金も見込みで2,000万円。60歳以降の年収は、450万円程度だと思います。(徳島県在住)

■ローンで家を購入して、現金は運用を。

 昨今の不動産価格の上昇で、新しく家を購入する人にはなかなか厳しい市況です。。特にご相談者においては、神戸市内のよい地域に物件をお求めということ。物件額によりますが、現在の状況を考えると1,500万円~2,500万円の幅で検討されることをお勧めします。それ以下の物件であればなお良し、です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品