1

火災で車両生産停止=三重の工場、被害調査―トヨタ車体

2017年3月21日 10時59分 (2017年3月21日 23時57分 更新)

 トヨタ車体は21日、三重県のいなべ工場(いなべ市)で起きた火災を受け、同工場の車両生産ラインを停止したと発表した。火災原因や物的被害を調べる。21日夕方以降の稼働に関しては「状況を見て判断する」予定。

 トヨタ車体や警察によると、火災は20日午後5時半ごろ、塗装した車体の乾燥設備のある第2工場4階で発生。約3時間後に鎮火したが、約400平方メートルが焼けた。従業員にけがはなかった。子会社の岐阜車体工業向けの車体製造は21日朝に再開した。

 いなべ工場は、ミニバン「アルファード」や「ヴェルファイア」などを生産している。 

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    しかしまあ、TOYOTAは しょっちゅう止まるねぇ?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品