<静岡市>109営業終了へ 若い女性の人口減が影響

2017年4月20日 10時32分 (2017年4月20日 11時00分 更新)

今夏をめどに営業終了が検討されている「SHIZUOKA 109」=静岡市葵区で2017年4月19日午後4時41分、井上知大撮影

 静岡市中心部にある商業施設「SHIZUOKA109」が今夏をめどに営業の終了を検討していることが分かった。大規模改装し、新業態の商業施設にリニューアルされる見込み。運営する東急モールズデベロップメント(TMD、本社・東京都渋谷区)は「まだ決定事項ではない」としながらも「メインターゲットの若い女性を中心に静岡市内の人口が減る中、業態変化を検討しているのは事実」としている。

 TMDによると、周辺では2011年に「新静岡セノバ」、13年には東静岡駅前に「マークイズ静岡」がオープンするなど、商業施設間の競争が激化していた。

 「SHIZUOKA109」は07年10月に開業。10〜20代の女性向け衣料品店などを中心に、地下1階から5階までに約50店が入る。今夏以降に営業を終了し、新商業施設のオープンで顧客層拡大を図ることを検討しているという。

 TMDは東急電鉄(東京都渋谷区)の100%子会社で、今月2日まで渋谷の「SHIBUYA109」を営業していた。【井上知大

注目の商品