3

重光武雄氏、取締役退任へ=ロッテ創業者、94歳名誉会長

2017年6月19日 18時02分 (2017年6月19日 23時57分 更新)

 ロッテグループ創業者の重光武雄ロッテホールディングス(HD)名誉会長(94)が取締役を退任することが19日、分かった。24日に開催する定時株主総会に諮る取締役の選任議案から武雄氏が外れた。日韓にまたがる巨大企業グループを築いた経営者が一線を退く。

 ロッテHDは取締役選任議案で、現在の取締役9人のうち、次男の昭夫副会長ら8人の再任を提案している。武雄氏は94歳と高齢で、韓国の裁判所は今月、事務処理能力に問題があり、後見人が必要との決定を下した。これを受け、武雄氏が取締役を続投できるかどうか検討していた。 

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    もう十分稼いだだろ。半島に帰ってくれ

    1
  • 匿名さん 通報

    おめでとうございます

    0
  • 匿名さん 通報

    本田宗一郎の引き際と比べ日本の経営者の老害が甚だしい。自分が創業した会社でもいつまでも好き勝手に操るのは衰退の原因だ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品