4

ヤマト運輸が宅配サービス縮小、昼の時間帯指定など廃止

2017年6月19日 13時06分 (2017年6月19日 21時00分 更新)
 
 宅配最大手の「ヤマト運輸」は従業員の労働環境を改善するため、19日から正午から午後2時までの時間帯指定を廃止するなど、宅配サービスを縮小します。
 具体的には6つの時間帯指定のうち、ドライバーの昼食の時間を確保するため、正午から午後2時の時間帯指定を廃止するほか、配送が集中する午後8時から9時までの指定を午後7時から9時までに広げます。ヤマト運輸は1998年に業界に先駆けて時間帯指定のサービスを始めましたが、今回、初めてサービスを縮小することになりました。

 また、10月から個人向けも含めた基本運賃を平均で15%値上げするほか、「アマゾンジャパン」など大口顧客およそ1000社と運賃の値上げ交渉を行っていて、顧客の各社が値上げを受け入れれば、今後、消費者側の負担が増える可能性もあります。(19日11:20)

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    全ての企業に言いたい。従業員の負担に見合った待遇を与えてあげて下さい。サービスはタダではないのですから。

    2
  • 匿名さん 通報

    お客様は神様ではない!再配や時間指定は有料化すべき!世の中タダの物は無い。ドライバーさん早く家に帰って子供の顔を見てください。

    1
  • 匿名さん 通報

    ヤマト運輸は経営戦略で中長期計画の企画提案をしてなかったことになる。通販は拡大するし、共働き世帯が増え、再配達になるのも、人員が不足することも分かっていた。経営者が無能だからこうなる。

    1
  • 匿名さん 通報

    交渉じゃなくて通知でいいやん。どうせ全国どこでも運べる運送会社なんてポッと出てくるわけないんだから。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品