6

米朝緊張でマーケットは“開戦前夜”「戦争銘柄」が急騰中

2017年8月13日 09時26分 (2017年8月14日 09時00分 更新)

本気で撃ってくるのか(C)共同通信社

[拡大写真]

 株式市場は緊迫度を増している。北朝鮮が中距離弾道ミサイル4発をグアムに向けて発射する計画を検討中と伝わってから“戦争銘柄”が急騰しているのだ。

「まるで開戦前夜です。これまでも北朝鮮のミサイル絡みで戦争銘柄の上昇はありましたが、今回は異常な値上がりです」(市場関係者)

 今週最後の取引日だった10日、関連銘柄の値動きは不気味だった。自衛隊向けの照明弾や発煙筒を手掛ける細谷火工はストップ高を付け、終値は前日比15.4%アップの1095円。機雷や弾火薬で知られる石川製作所は一時、前日比21.6%増まで高騰した(終値は13.0%増の1425円)。

 防衛省に艦船搭載情報表示装置などを納入する日本アビオニクスは前日比4.4%アップ(終値)、防衛装備品(小口径銃弾)の旭精機工業と、小銃や手りゅう弾を製造する豊和工業はともに3.6%アップで取引を終えた(別表参照)。

■関連株が逆行高

 相場全体は下落傾向が顕著だ。日経平均は10日まで3日続落し、9日には一時300円を超す下げ幅を記録。約2カ月半ぶりの安値水準となっている。

「例年、お盆休み前後は薄商いとなりますが、9日、10日とも東証1部の売買代金は2兆5000億円を超えました。活況の目安となる2兆円を軽く突破したのは、戦争銘柄への投資が活発だったためという見方もできます」(証券アナリスト)

 日経平均は、北朝鮮リスクの高まりで、「1万8500円の攻防となりかねない」(株式評論家の倉多慎之助氏)が、戦争関連だけは別ということだ。

「大手企業にも戦争銘柄は潜んでいます。ただ、大手はさまざまなビジネスを展開しているので、有事が想定されるからといって、株価に反映されることはまれです」(前出の証券アナリスト)

 ところが、哨戒機用エンジンのIHIや、防衛用の情報通信に強い富士通、陸上自衛隊にヘリコプターを納入するSUBARU(旧富士重工)など、日経平均の採用銘柄が逆行高を演じた。

 大手企業まで戦争関連として物色され始めている。マーケットは開戦を織り込んだのか――。

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    ゲンダイが勝手に騒いでいるよ。こいつら太平洋戦争の継続を主張した陸軍大臣の子孫だからな。

    1
  • 匿名さん 通報

    資本主義の根本だね!何かが売れれば儲かる。人の死も全て利益に!武器商人の本質だね!

    1
  • 匿名さん 通報

    米朝のいがみ合いはやらせだもんなぁ、それでも株価アップが目当てならカワイイもんだ、アメリカは北朝鮮を使って東アジアを紛争地帯化するつもりなんじゃないのかと勘ぐってるわ

    1
  • 匿名さん 通報

    ロッキード社か。

    0
  • 匿名さん 通報

    いよいよ朝鮮戦争再開だな

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品