0

Jフロント、18年2月期業績予想を上方修正 ギンザシックスも寄与

2017年10月6日 18時43分 (2017年10月6日 23時30分 更新)
[東京 6日 ロイター] - J.フロント リテイリング<3086.T>は6日、2018年2月期の業績予想(IFRS、国際会計基準)を上方修正すると発表した。卸売業の電子デバイス部門が好調だったほか、4月に開業した銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」も寄与した。
売上高に相当する連結売上収益は4690億円から4720億円(前年比4.3%増)、営業利益は445億円から490億円(同17.4%増)へとそれぞれ引き上げた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト6人の営業利益予測の平均値は465億円となっている。

(清水律子)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品