油不要のフライドポテト調理器、フィリップス開発の「エアフライヤー」。

2010年9月10日 10時49分 (2010年9月11日 23時45分 更新)
フライドポテトやフライドチキンが好きな人は多いが、体への影響を考えると、油分を多量に含んでいるのが気になるところ。健康志向が高まっている昨今では、油で揚げずに電子レンジやオーブンを使ってそれに近い調理をする方法も広く知られているが、このほど家電メーカーのフィリップスは、油を使わずにフライのように仕上げられる「エアフライヤー」なる製品を開発した。この製品は200度の高温の空気を対流させることにより、ポテトや肉を油で揚げたように調理できるのが売りで、先日ドイツ・ベルリンで開かれた家電見本市に出品され話題を呼んでいる。  

一見、小型の炊飯器のような形をした「エアフライヤー」。この製品は最高200度の空気を高速で循環させるという独自技術が用いられている。これにより、油を使わずに「肉やスナックなど多くの物を、手軽に素早く揚げることができる」(エアフライヤー公式サイトより)そうだ。ただ、一切油を使わないということではなく、公式サイトでは風味付けのため「大さじ半分の油を加えてください」と勧めている。セットする容器の中は仕切りがはめ込めるようになっており、同時に2種類の食材を調理することも可能だ。

公式サイトの説明では、この製品を使って調理をすると「最高80%脂肪分を抑え、サクサクに揚げられる」。フィリップスのピーター・ノタCEOは「この製品は、人々が健康的で行動的に暮らし、より生活の支えとなるよう援助することを約束する」(英紙デイリー・メール)と胸を張る。ほかの特徴としては30分までのタイマー機能などを搭載。コーティング加工により、分解して食器洗浄機でも洗えるそうだ。そして購入者には30種類の調理法が書かれているレシピ本もプレゼント。現在、ウェブサイトで予約受付中で、販売価格は200ポンド(約2万6,000円)となっている。

しかし、油を使わずに揚げ物ができるという製品に、果たしてこの金額を出す価値があるのか、フィッシュ&チップスで有名な英国では意見が分かれているようだ。

デイリー・メール紙の記事のコメント欄には、実にさまざまな意見が寄せられている。「これは素晴らしい発明品だ」と称賛する人もいれば、「200ポンド?」「私は30年前からオーブンと呼ばれる機械を持ってるよ」と、価格や機能面で否定的な見方をする人もいる。ほかに「チップスは牛脂で揚げるのが一番」と味にこだわりを持つ人や、「ティファールで似たようなものが安く手に入る」との指摘も。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品