0

キヤノン、EFシネマレンズ「CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S」の発売日が決定

2017年10月2日 17時35分 (2017年10月11日 10時50分 更新)
キヤノンは、スーパー35mm相当サイズのセンサー搭載により4Kカメラに対応したCOMPACT-SERVOレンズシリーズの望遠レンズ「CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S」の発売日が2017年10月5日に決定したことを発表した。以前、2017年10月上旬発売、希望小売価格オープンとしていたもの。市場想定価格は税別70万円前後。

CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS Sは、焦点距離70~200mm、レンズ本体の大きさが幅93.4mm×高さ107.2×mm長さ182.3mm、重量約1.25kgと、小型・軽量の望遠レンズ。レンズ本体に電動ズーム機構を内蔵し。USM駆動によりカメラのAF機能にも対応。CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS Sとの併用も可能。別売りのエクステンダー「EF1.4×III」と「EF2×III」が装着でき、EF1.4×III装着時は98~280mm、EF2×III装着時は140~400mmにそれぞれ焦点距離の延長が可能。

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品