0

加藤和樹 “恋の処方箋シリーズ”を歌って、やっぱり恋をするのって大事だなって思った/インタビュー2

2017年1月26日 18時00分
 

加藤和樹/New Single『春恋』インタビュー(2/4)

――インタビュー1より

加藤和樹和友”のみんなとは一緒に歩んで来たっていう感覚がある

――女性が主人公の歌となると、やはり自分自身の身の置きどころというか、アプローチの仕方は難しかったのでは?

加藤:そうですね。曲の主人公と自分との絶妙なバランスが必要というか。立ち位置的には代弁者っていうのが近いかもしれません。それで思ったんですけど、男のラブソングって基本的に女々しいじゃないですか(笑)。でも、CHIHIROさんの曲ってすべてにおいて、ホッとしたり、キュッとしたり、心が動く曲だと思うんですね。だから、自分が歌う時も、表面だけじゃなくて心を込めて歌うこと。それだけは忘れないようにっていうのはありましたね。

――今回のシリーズを歌ったことで加藤さん自身の歌への想いにも変化があったのかもしれないですね。

加藤:一つ思ったのは、やっぱり恋をするのって大事だなって(笑)。近ごろは恋人はいらないという人が多くなっている中で、恋愛っていいものなんだよっていうことが伝わったらいいなと思いました。あとは、やっぱり、人って辛いことのほうを覚えているじゃないですか。だけど、未来には楽しいことが絶対あるはずだから。それは恋愛だけじゃなく仕事とかにも言えることで、そこに辿り着く前に絶望するのは違うんじゃないかなと思うんですよね。例えば失恋したとか、仕事で失敗したとか、マイナスな気持ちになることもあると思うんですけど、それをどうプラスに変えていくか。

関連キーワード

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品