0

LEGO BIG MORL ドラマー・アサカワが全国のデカ盛りNo.1を紹介/インタビュー

2017年4月7日 18時00分
でも、どれもほぼ1000円以下というリーズナルさもあって、今では、遠方から来る人や、タクシーやトラックの運転手さんの間で話題となっている。「遠征してでも食べたい味」(アサカワ)。

◆“デカさNo,1” 福岡県大牟田市『高専ダゴ』 お好み焼き
http://www.kousendago.com/

昭和40年、民家を改装して学生食堂を作ったのが始まりというお店。近くの高等専門学校の学生さんに安く、お腹一杯食べてもらおうと焼いたお好み焼きが、“高専ダゴ”の愛称で 親しまれるようになった。今では、店舗数も増え、アサカワは倉永店に来店。

「とにかくデカかったです。一瞬、グランドかなって思うくらい(笑)。青のりがかかると芝生っぽいじゃないですか。特に事前予約の必要もなく、普通に注文できます。大体5、6人前の量ということで、本来は、学生さんとかが学校帰りに友達数人で寄って、シェアして食べるみたいです。この量で1300円ぐらいだったので、ホント、シェアして食べたら一人前を5個とか頼むより割安でいいですよね。ただ、一人で食べるとなると……正直、焼き上がって行くのを見ながら『これは無理だな』って思いました。ちなみに、普通の人が裏返せる量ではないので、店の方が裏返してくれます。その神業も必見かと。地元ではとても有名みたいで、行ったってことをSNSに書いたら、その周辺のファンの方から『行ったんですか!』みたいなリアクションも頂きました。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品