0

スコット&リバース 「miwaちゃんは人を引き寄せるカリスマ性を持っている」/インタビュー2

2017年5月3日 18時00分
 
撮影/川合泉

■スコット&リバース/2nd Album『ニマイメ』インタビュー(2/3)

――インタビュー1より

目指すは、紅白! Mステ、あとテラスハウス(笑)

――「カリフォルニア サンシャイン」は、2014年にシングルとしてリリースした後に、ウィーザーでも「California Kids」としてやっていますね。

リバース:最初にスコリバとしてリリースした「カリフォルニア」は、もともとは英詞がついていて、それに日本語の歌詞をつけてiTunesでリリースしました。それをweezerのマネージャーが聞いて「weezerでもやったらいいと思う」と言って、weezerの方で「California Kids」としてやることになったんです。で、今回は「カリフォルニア サンシャイン」として新たに録りました。

スコット:だから3バージョン存在することになるね。
撮影/川合泉

リバース:たぶん「カリフォルニア サンシャイン」が一番いいと思います。コード進行がちょっと違っていて、歌詞もすこし磨きがかかっている。プロダクション的には、よりモダンなサウンドになっています。コーラスも、より元気な印象。僕たちならではのカリフォルニアJ-POPサウンドです。

――「変わらぬ想い」で共演したmiwaさんは、どんなところが魅力だと想いますか?

リバース:スタジオで僕たちは冗談を言ってチャラチャラしていたんだけど、miwaちゃんはすごくマジメ。人を引き寄せるカリスマ性を持っていて、歌い出す瞬間、急に曲のシリアスな空気に引き戻されるんだ。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品