0

ペニシリン千聖 ソロデビューから20年、過去の曲が新しい輝きでロックするベスト発売/インタビュー1

2017年6月7日 15時00分
 

■千聖/20th Anniversary Best Album『Can you Rock?!』インタビュー(1/4)

PENICILLINのギタリストとして、また同時にソロプロジェクトのCrack 6の中心人物としても、常にロックしている千聖。彼がソロアーティストとしてデビューしたのが1996年。デビュー20周年を記念して6月7日に発表されるのがベストアルバム『Can you Rock?!』だ。ファン投票によって選ばれた15曲(限定盤には14曲)を全て録り直して、さらに新曲1曲も収めている。オリジナルバージョンを大きく崩すことなく、それでいて20年で培ったものも注入。過去の曲が新しい輝きを持ってロックする。最高の仕上がりという意味も持つ本当のベストアルバムが誕生した。千聖に当時のことなども、相変わらずのギャグを暴発させながら語ってもらった。
(取材・文/長谷川幸信、撮影/コザイリサ)

ソロデビューは自分でも曲の行く末が分からなくてドキドキして楽しかった

――ソロデビュー20周年を記念してリレコーディングしたベスト『Can you Rock?!』を6月7日に発表しますね。改めて振り返ってほしいんですが、所属するバンドであるPENICILLINがメジャーデビューした年に、ソロデビューも果たしました。自分からソロもやりたい、と当初から考えていたからですか?

千聖:始まりは……PENICILLINの千聖を、なぜか当時の徳間ジャパンの制作本部長さんが気に入ってくださりソロデビューさせたい、という話からだった気がします。

関連キーワード

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品