0

the GazettE 結成15周年を記念した9年ぶりの野外ライブで魅せた、刹那な美学/レポート

2017年8月27日 23時00分
 

■the GazettE/【LIVE IN SUMMER 17「BURST INTO A BLAZE 3」】ライブレポート
2017.08.19(SAT) at 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
(※画像13点)

今年結成15周年のアニバーサリーイヤーを迎え、精力的に活動を続けるthe GazettE。3月に『十五周年記念公演』の名に相応しいライブを国立代々木競技場第一体育館で敢行、この夏は『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』にも参戦した。そして、その熱も冷めやらぬ8月19日、9年ぶりとなる単独野外ライブ『BURST INTO A BLAZE 3』を富士急ハイランド特設ステージで開催。そこで、彼らは比類なき存在感と確かな奇跡を浮き彫りにした。

まだ青空が覗く空の下、ステージに現れたメンバーを1万人が熱烈歓迎。ステージ中央に堂々と構える戒のツーバスドラムを4人が囲むようにしてライブはスタートした。2006年のアルバム『NIL』に収められた「Nausea&Shudder」で狂宴の火蓋は切って落とされたのだが、このアルバムを機に、バンドのロゴをthe GazettEに変更した。今の彼らにつながる楽曲で始まったことにも、きっと彼らなりのメッセージを込められていたに違いない。


「盛り上がって行こうぜ!」と叫び「INSIDE BEAST」へ。オーディエンスに少しでも近づこうと、RUKIはメインステージからせり出した花道へ、葵や麗はそれぞれがステージの左右端まで走り出した。

関連キーワード

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品