0

超特急 クリスマスイヴの代々木を彩った超特急式ワンダーランドが映像化/インタビュー1

2017年9月21日 14時00分
タクヤ:超特急らしいハチャメチャなライブになったんじゃないかと思います。衣装もすごくこだわって、ハンドメイドしていただいたんです。リハーサルなどを重ねながら、スタイリストさんと「ここはもうちょっとこうした方が動きやすくなります」と僕らからも提案したりして。手間はかかったけどその分超特急らしさが出たと思います。

――8号車さんへの愛とサービス精神にあふれた内容でしたね。

タクヤ:はい。あのライブは特に感謝を伝えることが大きなテーマでした。ライブの作り方もそれまでの超特急のライブとは違って、終盤にかけてしっとりして心が温かくなるような流れになってました。そこは新しい一面を見せれたんじゃないかと。

ユーキ:初めて新曲でそれぞれのソロを披露できたんですが、テーマに合わせた表情などにもこだわって表現できたと思います。メンバー個々の人間性とか、今まであまり見せられなかった内面的なところがパフォーマンスに現れているような気がしますね。なので、Blu-rayでもそこに注目して見てもらいたいです。

リョウガ:ユーキは「BeastySpider」の演出で特にこだわってたよね?

ユーキ:初めて音を作る段階から関わらせてもらいました。全体的な振りの抑揚、激しいポイントや優しくするところを考えてそれを共有して……最終的には1曲の振りになっていきました。振り付けが終わったら、今度はVJ、映像で曲の世界観を表現したものを見せていただいて、それに対して僕からアイデアやリクエストを出してブラッシュアップしていったり。

関連キーワード

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品