0

鳥居みゆき 強靭な妄想キャラを支える「比類なき覚悟」

2008年10月22日 08時00分 (2008年11月6日 14時50分 更新)

『鳥居みゆき ハッピーマンデー』/
Victor Entertainment,Inc.

 テレビで見るお笑いと生で見るお笑いには大きな違いがある。寄席や劇場では、芸人はいかなる手段を用いてでも目の前にいる観客を笑わせればそれでいい。下ネタでも毒舌でも客いじりでも何でもあり。観客は笑うためにその場に足を運んでいるのだから、芸人の側がそういう考え方で臨むべきなのは当然のことである。本来お笑いとはそういうものだったはずだ。


 だが、テレビのお笑いは少し事情が違う。テレビは大衆娯楽であり、不特定多数の人間に幅広く発信されるメディアである。だからこそ、芸人が笑いのためにできることにも数多くの制限がある。そんな環境の中で、ほとんどの芸人は確実に笑いを取るために、自分が「普通の人」であることを過剰にアピールしようとする。それが視聴者に安心感や共感をもたらし、笑いを引き出しやすくする効果があるからだ。

 鳥居みゆきは、そんなテレビお笑い界の暗黙のルールを公然と破ってみせた。

 彼女はテレビに出始めた頃から今まで、カメラが回っている場所で明らかな素の自分を見せたことがない。白装束にクマのぬいぐるみを抱え、「ふっふー」と奇声をあげる戦慄の妄想キャラ「まさこ」を常に演じ続けている。そんな鳥居の態度に視聴者は不安を覚え、共演者は恐怖におびえる。それでも鳥居に迷いはない。どんな番組に出ても一心不乱に意味不明な言動を続けて、強引に笑いをさらっていく。

 今のテレビでこういう芸風を貫くのは、技術的にも精神的にも相当困難なことである。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品