声優・植田佳奈「不適切発言」を謝罪もネットはさらに炎上!

2008年12月15日 08時00分 (2008年12月22日 16時00分 更新)

植田佳奈公式HPより

[拡大写真]

 14日未明、人気アニメ『天元突破グレンラガン』や『Fate/stay night』などで知られる声優の植田佳奈が、パーソナリティを務めるラジオ番組『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』(ラジオ関西)内で、放送の内容に「不適切な発言があった」として謝罪した。


 問題となったのは、7日未明放送の同番組内での植田の発言。植田は電車内でのマナーについて注意してきた男性に対して、「社会のゴミ」とした上で「このオヤジを社会的に抹殺とか、とにかく、はずかしめて、あいつが悪い方にさせるにはどうしたらいいのかって考えた」などとし、悲鳴を上げて鉄道警察を呼び、名誉毀損罪や傷害罪などの罪を被らせればよかった、と具体的に話した。

 この放送直後から、ネット上の掲示板では「痴漢冤罪を意図的に作ろうというのか」「公共の電波で言うことではない」などと批判が殺到。

 騒動の拡大を受けてか、14日の同番組内で植田自らが「不愉快な思いをさせた」などと放送内で謝罪したが、この謝罪に対しても「当初の放送での発言とは電車内の状況の食い違いがある」「こんな棒読みの謝罪には意味がない」などさらなる非難の声があがり、結果的に火に油を注いだ形になっている。

 今年1月に歌手・倖田來未の「羊水発言」が『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)内で放送された際にもネット上で取り上げられて大きな騒動になっており、かつてはある程度の過激発言ならば黙認されてきた深夜ラジオ業界にも、ネット時代に則った新たな倫理規範が求められているのかもしれない。



【関連記事】 大和和紀が原作引き上げ!? アニメ『あさきゆめみし』が企画変更!
【関連記事】 現役デスクに聞くアニメ制作現場の"低賃金"と"海外流出"
【関連記事】 ジューシーポーリーイェイ♪ エロカワ声優チアキんぐインタビュー

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品