0

「今田耕司もクビ!?」テレビ局に吹き荒れるリストラの嵐

2008年12月22日 11時00分 (2008年12月31日 11時00分 更新)

TX『たけしの誰でもピカソ』HPより。
この4ショットが見られなくなる!?

[拡大写真]

 テレビ朝日の『たけしのTVタックル』でレギュラーを務める大竹まことが、「ギャラを下げても、番組を降ろさないでくれ」とリストラを恐れるシャレにならない発言をしたというが、このほかにもテレビ界ではリストラの嵐が吹き始めている。テレビ東京の『たけしの誰でもピカソ』もリストラにあって、メイン司会のビートたけしが頭を抱えているというのだ。


 『誰でもピカソ』は97年4月にスタート。当初はアートをテーマにした珍しいバラエティ番組だったが、その後は、音楽やお笑いなど、あらゆるジャンルに渡って企画を取り上げてきた。

「サブ司会には吉本興業の今田耕司、芸術家の"熊さん"こと篠原勝之、タレントの渡辺満里奈を加えて4人でやってきたんです。ところが12月に入って、番組プロデューサーから、たけしに『今田ら3人を降ろして、若いアシスタントを入れませんか』という相談があったんですよ。たけしは、『それって、3人の首を切るリストラじゃないの?』と返しました。情が厚い彼としては、受け入れられる話ではないですよ」(番組スタッフ)

 しかし、たけしが拒否しようが、折からのテレビ不況による制作費削減でリストラは避けられない状況。制作費が削られ、出演者の質が落ちればテレビのさらなる視聴率低下は免れないだろうが、この悪循環はしばらく続きそうだ。



【関連記事】 「恋の"から回り"!?」明石家さんまの視聴率崩壊に吉本涙目
【関連記事】 深刻テレビ不況の余波 TBSが昼ドラ枠全廃の裏事情
【関連記事】 「やらせ!?」TBS『リンカーン』ヲタ芸大会に批判の声が殺到

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品